顕彰会 ごあいさつ

会長 大嶋 公子
 この度は、山口雅久氏の後任として会長のお役をお受けすることになりました。
私と齋藤家との関わりは、14代とは旧知の友でもあり、郷土の山本常朝の聞書「葉隠」に齋藤家 親子3代にわたる所行が掲載され、また、11代も「葉隠四誓願」を念頭に沖縄の近代化に尽力されたその威徳に、葉隠研究会会員として大変感銘を受け誇りに思っていたからであります。
 来年佐賀では「肥前さが幕末・明治維新150周年博」が開催され、11代に関する資料展等も計画されており、また11代を縁とした久米島町と佐賀市の子供達の交流事業も7年目を迎え、益々そのご縁が深められてきています。
 「葉隠」の真髄を学び、生かしてきた「郷土の7賢人」同様、「大慈悲を起こし人のためになるべき事」を生かしつつ邁進し、百年の時を超え受け継がれている偉業を微力非才の身ではありますが、「葉隠の心」をより生かすために顕彰会の発展に全力を尽くしたいと思っております。皆様方の御指導・御鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。(葉隠研究会 副会長)

会長大嶋公子
会長 大嶋 公子
葉隠四誓願

顕彰会 役員

顕彰会 事業内容

糸満市大度 用之助港

歴史を学ぶ講座の開催

 佐賀と沖縄の歴史を学ぶことで、相互理解を深めます。

佐賀と沖縄の県立博物館で記念展

 両県の博物館で『葉隠』に関する齋藤家資料や11代の偉業、交流の歴史などを一堂に集めた展覧会。双方の博物館が所蔵する名品の数々も展示。佐賀、沖縄、久米島での巡回展。

郷土の先人・偉人を紹介する読本の発行

 調査研究で得られた新資料の充実を図りながら、顕彰会の総力を結集次世代を担う若者に、多くの郷土の先人(佐賀の七賢人以外も含めた)の活躍を学んでもらうための「読本」を製作。

佐賀、沖縄の合同物産展

 記念展開催中に農林水産、畜産、工芸、銘菓、酒類など佐賀、沖縄両県の名産を一堂に集めた物産展を相互に開催。郷土芸能なども披露、にぎわいを演出し交流がさらに活発になるよう開催連動させます。

顕彰会の情報発信

 ホームページを立ち上げ活動内容を発信。第11代用之助や本顕彰会に対する理解者・支援者づくりに結びつけます。ネット上で全国との共同研究もできる環境を整え、情報発信の目玉となるように努めます。

佐賀と沖縄の交流事業推進

  • 青少年の教育交流
  • 行政間交流の支援
  • 経済及び文化・観光事業の交流
  • 佐賀空港を活用した交流事業も支援する計画です。

ページ上に戻る

GetPDFReaderサイト内のPDF文書をご覧になるには
Adobe Readerが必要です。

第11代齋藤用之助

顕彰会加入のご案内

書籍ご案内

※顕彰会入会、書籍の購入については、顕彰会事務局の方までお願い致します。

新聞・雑誌報道記事その他のリンク集

第11代齋藤用之助顕彰会事務局
〒840-0045
佐賀市西田代1丁目8番12号
TEL・FAX 0952-24-3867